• 依頼するメリット

    発送代行をすることによって依頼主は色々なメリットを享受することができるようになります。最初に発送代行することにより、商品の発送業務を省略することが可能になります。

    Read more
  • ニーズに合っている

    現在、顧客への宣伝活動の際に欠かせないのがダイレクトメールです。視覚的に商品をアピールできる優秀な媒体ですが、自社で発送作業などを行うとコストが掛かってしまいます。

    Read more
  • 内容を確かめる

    ネットショップなどを運営している場合、発送代行サービスを利用するという方法があります。発送代行サービスは商品の保管や発送を代行してもらえるので、非常に便利なサービスです。

    Read more
  • 必要不可欠な機能

    発送をする際は複数の工程をクリアする必要があります。中古商品を購入した人へ送る場合、納品と送る手配が最低でも必要になってきます。店舗独特のサービスが存在している場合、それも工程に含む必要があります。

    Read more

時代に合ったシステム

組織力を強くしたいという場合に導入してみませんか。営業支援システムは業務効率化を高めるために欠かせないシステムですよ。

ビジネスシーンで必ずといっていいほど行う名刺交換ですが、多いときは一日に複数人と行うこともあります。名刺交換の数がどんどん増えていくと、名刺の量は膨大になり、誰からいつ頂いた名刺なのかということも忘れがちになってしまいます。ビジネスにおいて名刺はその人を表すカオであり、自己紹介の役割りを果たしています。名刺交換で増えていく名刺は頻繁に整理をする必要がありますが、大量に増えた名刺を整理するのは中々手間が掛かってしまいます。交換した名刺を整理するための入れ物も多種多様に販売されていますが、それを上手く使えている人は一部でしょう。ネットが多様化されている時代だからこそ、紙媒体である物の整理が上手にできないという背景も考えられます。最近では時代に合わせた名刺管理ソフトという名刺整理の方法が登場しており、少しずつ認知が広がっています。これまでの整理方法と比較しても、その便利さは逸脱しています。ビジネスマンを始めとした社会人にとって、まさしく救いとなるシステムです。

名刺管理ソフトの使い方は、頂いた名刺を画像として取り込むことから始まります。専用のスキャナや、市販のフラッドヘッドスキャナ、複合機、デジカメやカメラ付き携帯電話などを使用することで、画像を簡単に取り込むことができます。これらは比較しても相違はないのですが、複数の名刺を高速でスキャンすることができるドキュメントスキャナを使うと、大量の名刺を短時間で効率よく取り込むことが可能です。取り込まれた画像は、名刺に記載されている内容を文字認識機能によってテキストデータに変換します。認識した情報は、氏名や社名、住所などに自動で振り分けられ、名刺のデータベースを構築します。これにより、名刺データをテキストキーワードで簡単に検索することができるようになります。現在販売されている名刺管理ソフトの中には、様々なソフトと連携することができるものもあります。住所は地図ソフトと連動できますし、ホームページのURLが記載されている名刺はWEBブラウザを起動することができます。複数のソフトを比較して自分が使いやすいものを選ぶと良いです。時代のニーズに合わせ、名刺管理ソフトは日々進化しています。